電動風車型抽せん機の仕組み

ナンバーズの抽せんには、電動風車型抽せん機という機械が使用されています。

この電動風車型抽せん機は、その名のとおり電動で回る風車型の機械で、風車部分に書かれた数字が回転し、そこに矢を放つことで数字を決める仕組みになっています。

また、抽せんでは風車部分がクルクルと回転するため、その見た目から風車盤(以下風車盤に統一)とも呼ばれています。

ナンバーズ3の数字配列

以下はナンバーズ3で使用される風車盤での数字配列です。

ナンバーズ3百位
ナンバーズ3十位
ナンバーズ3一位

上記から「0」を基準にして反時計回りに書き出すと各桁の数字配列は以下のようになります。

※風車盤が時計回りに回転するため、抽せん時の数字は、反時計回りに移動する。

百位:0 9 8 7 6 5 4 3 2 1

十位:0 3 6 9 2 5 8 1 4 7

一位:0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

- 数字の並び方 -

百位と一位:隣接する数字が±1間隔

十位:前後の数字が±3間隔

尚、並び自体は2種類ですが百と一とでは、左右逆の並びになっています。

ナンバーズ4の数字配列

以下はナンバーズ4で使用される風車盤での数字配列ですが、下3桁の数字並びは、ナンバーズ3と同じです。

ナンバーズ4千位
ナンバーズ4百位
ナンバーズ4十位
ナンバーズ4一位

ナンバーズ4についても、ナンバーズ3と同様に「0」を基準とした反時計回りで書き出すと以下のようになります。

千位:0 7 4 1 8 5 2 9 6 3

百位:0 9 8 7 6 5 4 3 2 1

十位:0 3 6 9 2 5 8 1 4 7

一位:0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

- 数字の並び方 -

百位と一位:隣接する数字が±1間隔

千位と十位:前後の数字が±3間隔

百~一位の並びはナンバーズ3と同じ。

確率を考えると同じ位置関係(上記配列を縦に見た場合)が続くことは極めて少ないため、例えば前回の抽せん番号が「3179」だった場合、次回のストレート候補から「6248」や「9317」等を外すことが賢明といえます。

尚、この縦での位置関係は、基準の数字によって異なります。

基準が「1」の場合

千位:1 8 5 2 9 6 3 0 7 4

百位:1 0 9 8 7 6 5 4 3 2

十位:1 4 7 0 3 6 9 2 5 8

一位:1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

- 風車盤の仕様 -

・回転方向:右回転

・回転速度:毎分180回転(3回転/秒)

・矢の到達時間:約0.2秒

風車盤は、各桁に1台用意されているため、上記7台の風車盤が抽せんで使用されるのですが、たまに抽せんが行われる大阪の宝くじドリーム館では、ナンバーズ4の下3桁用をナンバーズ3にも使うため、実質4台となります。

宝くじドリーム館

抽せん会での流れ

ナンバーズは平日の月曜から金曜まで抽せん会が行われているわけですが、抽せんの前には、テストを兼ねたリハーサルも行われています。(使用開始時の数字の位置は、前回止まった場所)

・リハーサルと動作確認

・担当者による抽せん関連のアナウンス(売り上げや抽せん方法等)

・風車盤前の発射台に矢をセット(向かって左の桁から一つずつ)

・風車盤の回転開始(開始場所はバラバラ)

・任意の時間で回転した後に矢を発射(左の桁から0.5~1.0秒くらいの間隔で発射する)

・風車盤の停止(何故か一の位の風車盤だけが遅れて停止する場合がある)

・矢の刺さった場所の数字で番号を決定

※抽せん担当者は毎回異なる。

大阪でN4用4台だけを使用する時は、N3抽せん終了後に矢を抜き、そのままの状態でN4抽せんを開始します。

東京会場については、会場で風車盤の回転開始場所を事前に確認すれば、番号が予想出来そうな感じもするのですが、実際には、高速回転の風車盤、誤差の多い回転時間や発射間隔(0.1秒違いで3つずれる)といった条件下で矢が放たれるため、開始場所の情報だけでは正確な予想が不可能といえます。

もちろん、異なる視点という意味では、風車盤の傾向も予想で重要な要素となり得るものですが、それには単に多い少ないではなく、切り口や集計方法を変える工夫も必要になります。

風車盤に興味を持たれた方は、以下のサイトもご覧になると宜しいかと思います。

Javascript によるシミュレーションサイト:NUMBERS3・4シミュレーション

宝くじドリームステーション(公式サイト):抽せん会の動画

▲TOP