• LOTO
  • 配当額と当せん確率で比較

配当額と当せん確率で比較

現在販売されているロトは、5個の数字を選ぶミニロト、6個の数字を選ぶロト6、7個の数字を選ぶロト7の3つです。 選ぶ数字の多さに比例して当てにくくなるため、配当額も高くなっています。

しかし、同額、あるいは近い配当額を得るという観点で見た場合、必ずしもミニロトが一番当てやすいということにはなりません。

ここでは配当額を基準とした簡単な比較をしてみます。

配当額が約1,000万円の場合

ミニロト
当せん確率:1/169,911
配当額:約1,000万円

ロト6
当せん確率:1/1,016,076
配当額:約1,500万円

ロト7
当せん確率:約1/735,391
配当額:約1,000万円

配当額が約10,000円の場合

ミニロト
当せん確率:約1/1,359
配当額:約10,000円

ロト6
当せん確率:1/610
配当額:約9,500円

ロト7
当せん確率:約1/1,127
配当額:12,500円

配当額が約1,000円の場合

ミニロト
当せん確率:約1/52
配当額:約1,000円

ロト6
当せん確率:1/39
配当額:1,000円

ロト7
当せん確率:約1/42
配当額:1,000円

もちろん、実際の抽せんでは配当額が変動しますし、ロト6、ロト7にはキャリーオーバーもあるので、高配当以外に興味がないというのであれば、ロト7で気長に挑戦することが得策です。

しかし、とにかく当てたいということであれば、ロト6に挑戦する方が良いかもしれません。

ただ、ロト7に関しては、購入する際の金額が他の2つの1.5倍(ミニロト・ロト6:200円/口、ロト7:300円/口)になるため、同じ配当額を得たとしても、収支に違いが出ます。