• LOTO
  • 斜めライン

斜めライン

第230回のロト6の抽せんでは、1等の当せん口数が異常に多いという結果になりました。

第230回の抽せん数字と過去8回の抽せん数字の関係

1枠2枠3枠4枠5枠6枠
22204141522293120
22307091926303203
22412171819303513
22509112131353813
22608263640424321
22706131729323635
22805081726363934
22908162124273620
23004091831364234

第230回の当せん口数と配当額

1等:167口、配当額:1,814,700円
2等:29口、配当額:9,405,200円
3等:1,057口、配当額:309,600円
4等:37,865口、配当額:7,600円
5等:521,030口、配当額:1,000円

222回以降の結果を見て既に気づいた人も多いと思いますが、230回の抽せん数字は、222回以降の抽せん結果を右斜め下に拾った数字の中に全てあります。

もちろん、このことだけが低配当の原因とはいえませんが、この選び方で申し込む人が多数いた可能性はあります。

視点と予想

どのような組み合わせであっても、当せんする確率はすべて同じですし、この時のようなことが起きてもおかしくないわけですが、結果を斜めに見るという、通常とは異なる見方をできた人には幸運が訪れたわけです。

右斜め下の流れとの一致については、その後、同様の当せんが出ていない(778回終了時点)ため、極めて希なケースだったと言わざるを得ませんが、抽せん結果に対する視点を変えてみることで、何か別の傾向や当せんのヒントが見えてくるかもしれません。

ただ、何かを発見した際は、必ず過去を遡って検証し、その上で予想に取り入れるべきか否かを判断することが大事だと思います。