2数字からのN3予想

抽せん番号が3桁のナンバーズ3では、申し込む際に3桁の番号を予想することになります。

しかし、1度に3つの数字を選ぶ必要はありません。軸となる数字を1つ決めてから残る2つの数字を選んだり、逆に2つの数字を先に選んでから残る1つの数字を付け加えたり、その時々の選びやすい流れで決めていけば予想がしやすくなります。

ここでは2つの数字を先に選び、残る1つを最後に加える方法について説明します。尚、ここでの対象はボックスです。

ペア数字の選択

ナンバーズ3の下2桁が対象となるミニの場合は、構成数字と並びが一致しないと当せんにならないため、予想の対象となる組み合わせが100通り(00から99まで)になります。

しかし、ボックス番号の予想では、並びを考える必要がないため、「01」と「10」のような同じ構成数字で並びが異なる組み合わせを除く55種類が予想対象になります。

予想対象となるペア数字

00 11 22 33 44 55 66 77 88 99 01 02 03 04 05 06 07 08 09 12 13 14 15 16 17 18 19 23 24 25 26 27 28 29 34 35 36 37 38 39 45 46 47 48 49 56 57 58 59 67 68 69 78 79 89

ペア数字の選び方に決まり事はありませんし、思いつきやカンで選んでも構いませんが、ここでは、理論値を考慮して選ぶことにします。

ペア数字の当せん理論値ですが、シングルペア(異なる数字のペア:01、12等)の場合は、約5%(約20回に1回)、そしてダブルペア(同じ数字のペア:00、11等)は、約3%(約33回に1回)です。

従って、シングルペアなら月に1回、ダブルペアなら1ヶ月半に1回程度の頻度で出ることになります。

もちろん、あくまで理論上の話ですし、短期的な波もありますので、きちっと定期的に出るわけではありません。 ただ、過去全体、あるいは過去20回の当せん数を調べ、この理論値を下回るペア数字が今後出る可能性はあります。

下表は、抽せん番号と含まれるペア数字を書き出したもので、色つきのペア数字は、過去19回に一度も出ていなかったシングルペアです。

回数抽せん番号ペア1ペア2ペア3
36410410001-
3642953353959
3643723232737
36446111116-
3645143131434

ペア数字から番号を組み立てる

先ほどの表にあった3643回の番号を予想する際、過去19回に一度も出ていないシングルペアの「23」を選んだ場合は、 この「23」に残りの数字を加えて番号を組み立てることになります。

次回の番号に「23」が含まれると予想した場合

23+0~9

023 123 223 233 234 235 236 237 238 239

0から9までの数字を加えるため、出来上がる番号の中にダブルの番号も含まれますが、 ナンバーズ3の抽せん番号の約7割がシングル番号となるため、上記の予想候補ではシングル番号(8種)が有力候補ということになります。