2桁分析

ナンバーズ3のミニは、抽せん番号の下二桁、つまり十と一の桁のペアが当せん番号となるわけですが、他の桁も含め、全ての桁でペアを組み、それらについてもデータ化すると、ストレートの予想に役立ちます。

番号から生成されるペア

ナンバーズ3とナンバーズ4の各桁のペアは、以下のようになります。

ナンバーズ3

百十一百十、百一、十一

作成されるペアは3つになります。

例)31231 32 12

ナンバーズ4

千百十一千百、千十、千一、百十、百一、十一

作成されるペアは6つになります。

例)132413 12 14 32 34 24

データ化

一般的なデータをとるのであれば、各ペアの出現数を個別に調べるという手もありますが、ここでは以下のグループ表(2数の差で分類)を使い、抽せん結果を視覚化してみようと思います。※G:グループ名

G2数の差2桁
A0,100 11 22 33 44 55 66 77 88 99 01 12 23 34 45 56 67 78 89 90
B2,302 13 24 35 46 57 68 79 80 91 03 14 25 36 47 58 69 70 81 92
C4,504 15 26 37 48 59 60 71 82 93 05 16 27 38 49 50 61 72 83 94
D6,706 17 28 39 40 51 62 73 84 95 07 18 29 30 41 52 63 74 85 96
E8,908 19 20 31 42 53 64 75 86 97 09 10 21 32 43 54 65 76 87 98
結果とグループの当せん状況

表は、ナンバーズ3の抽せん番号をペアに分解後、そのペアをグループに置き換えたもので、以下の決まりのもとドットを繋いでいます。

縦の連続、左右斜め、左右対称

尚、ここでは例として、百位と十位のみの表としていますが、実際に表を作成する場合は、他のペア(百位と一位、十位と一位)も含めた計3のデータで作成して下さい。

もちろん、ナンバーズ4についても同様です。

一般的な表では、ドットのまま、あるいは全てを線で結ぶことが多いのですが、予想に利用する場合には、繋ぐポイントを決めておく方が動きを把握しやすくこともあります。

また、この表のような形式でデータを作成しておくと、似た形(動き)を過去のデータから探すという、ある種のパズル感覚で予想できるため、数字や線を眺めるよりも、楽しめるように思います。

当然ながら、ナンバーズ3の十位と一位のデータは、そのままミニのデータにもなります。