3数字からのN4予想

抽せん番号が4桁のナンバーズ4では、申し込む際に4桁の番号を予想することになります。

しかし、これらの数字を一度に予想するとなると、結構大変です。

ここでは、4個の数字を「3個 + 1個」と考え、3個の数字を先に選び、最後に1個加えるという流れで予想してみようと思います。尚、ここでの対象はボックスです。

3数字の種類

ナンバーズ3のボックス番号に1個加えるような形となるため、220種(シングル120、ダブル90、オール10)の3数字が予想対象になります。

以下の表は、300回の抽せんで当せんする理論上の回数と割合で分けたもので、シングルが最も出やすく、オールが最も出にくい状況にあります。

ただ、出現頻度は種類の多さに比例するため、シングル3数字の出やすさは当然の結果に過ぎません。

300回中の当せん回数と割合
回数割合(%)当該3数字
10.4000 111 222 333 444 555 666 777 888 999
31.1001 002 003 004 005 006 007 008 009 011 022 033 044 055 066 077 088 099 112 113 114 115 116 117 118 119 122 133 144 155 166 177 188 199 223 224 225 226 227 228 229 233 244 255 266 277 288 299 334 335 336 337 338 339 344 355 366 377 388 399 445 446 447 448 449 455 466 477 488 499 556 557 558 559 566 577 588 599 667 668 669 677 688 699 778 779 788 799 889 899
62.0012 013 014 015 016 017 018 019 023 024 025 026 027 028 029 034 035 036 037 038 039 045 046 047 048 049 056 057 058 059 067 068 069 078 079 089 123 124 125 126 127 128 129 134 135 136 137 138 139 145 146 147 148 149 156 157 158 159 167 168 169 178 179 189 234 235 236 237 238 239 245 246 247 248 249 256 257 258 259 267 268 269 278 279 289 345 346 347 348 349 356 357 358 359 367 368 369 378 379 389 456 457 458 459 467 468 469 478 479 489 567 568 569 578 579 589 678 679 689 789

選んだ3数字に最後の数字を加える場合、選んだ3数字の種類によって出来上がる番号の種類にも違いがあります。

シングル(全てが異なる)3数字 + 1

例) 012 + (0~9)

0012 0112 0122 0123 0124 0125 0126 0127 0128 0129

出来上がる番号は、シングル7種、ダブル3種。

ダブル(同じ数字を2つ含む)3数字 + 1

例) 001 + (0~9)

0001 0011 0012 0013 0014 0015 0016 0017 0018 0019

出来上がる番号は、ダブル8種、WW1種、トリプル1種。

オール(全てが同じ数字)3数字 + 1

例) 999 + (0~9)

0999 1999 2999 3999 4999 5999 6999 7999 8999 9999

出来上がる番号は、トリプル9種、オール1種。

次に実際の抽せん状況を見てみます。

下表は、4390回から4339回までの抽せん番号と含まれる3数字をまとめたもので、抽せん番号がダブルの時は、同じ構成数字の3数字が2つ含まれるので、種類としては3つになります。

回号番号含まれる3数字
49304696466469669-
49312307023027037237
49321641114116146-
49333031013033133-
49340411011014114-
49358009008009089-
49362374234237247347
49375382235238258358
49385935355359559-
49393076036037067367

含まれる3数字について300回単位の出現数を集計すると、シングルでは5~7回、ダブルでは2~4回の出現が多くなります。

もちろん、異常なことでも特別なことでもありません。ただ、過去300回の出現数は、3数字の選択基準に応用できます。

以下の表は、先ほどの表に過去300回の出現数も追加したもので、先述の回数に該当する部分には色を付けてあります。

回号番号含まれる3数字過去300回の出現数
49304696466469669-246-
493123070230270372375366
49321641114116146-537-
49333031013033133-622-
49340411011014114-326-
49358009008009089-154-
493623742342372473473717
493753822352382583585949
49385935355359559-694-
493930760360370673677777

ここで注目すべき部分は、4939回の3数字です。

この表の回数は、前回から過去300回の出現数ですが、4939回の3数字は、すべて7回になっています。 つまり、4938回終了時の予想では、過去300回に7回出た3数字を選び、それらを組み合わせていれば当たったわけです。

すべてが同じ回数になるのは数十回に1回程度なので、この選び方で挑戦しても、コンスタントに当たることはありません。

ただ、シングルであれば出現数が5~7回の3数字、ダブルであれば出現数が2~4回の3数字を調べ、それら3数字のみで構成される番号を予想候補とすることで、当たる可能性が少しだけ増します。

3数字から予想

実際の予想に利用する場合は、当該出現数の3数字を全てピックアップしてから組み合わせるよりも、以下のような表を作り、 含有するすべての3数字が当該出現数になる番号を選ぶと楽です。

0125の3数字と過去300回の出現数

ボックス番号含まれる3数字過去300回の出現数
012501201502512541168

4907回のシングル予想候補

過去300回の出現数が5~7回である3数字で構成される番号

0189 0258 0259 0289 0459 0579 0589 0679 1289 2357 2459 2579 2589 3679 3689