タイプについて

ナンバーズに申し込む際は、数字とタイプを選択することになります。このタイプには複数あり、難易度と配当額も異なります。

抽せんでは申し込む番号とタイプの一致が当せん条件となるため、タイプについてもきちんと理解しておく必要があります。

タイプの種類

申し込む時に選択するタイプには、ナンバーズ3で4種、ナンバーズ4で3種あり、申し込む番号ごとに決める必要があります。

尚、下記例には理論上の配当額も記載していますが、抽せんされる番号の種類によって金額が変化します。

ストレート

ストレートは、抽せん番号そのものを当てるタイプで、抽せん番号の数字と並びが一致したら当せんとなります。 例えば、次回のナンバーズ3に「123」と「ストレート」で申し込み、抽せん番号も「123」だった場合は当せん、抽せん番号が「321」だったら外れとなります。

ナンバーズ3の抽せん番号が「123」の場合

当せん条件:「123」をストレートで申し込んだ場合のみ。

配当(理論値):90,000円


ナンバーズ4の抽せん番号が「1234」の場合

当せん条件:「1234」をストレートで申し込んだ場合のみ。

配当(理論値):900,000円

尚、「000」のような構成数字が1種類の番号(オール)は、数字の並び方が1つしかないため、申し込む時はストレートを選択します。

ボックス

ボックスは、抽せん番号の構成数字だけを当てるタイプで、並びに関係なく、数字さえ一致したら当せんとなります。

ナンバーズ3の抽せん番号が「123」の場合

当せん条件:同じ構成数字の並び違い6種(123,132等)のいずれかに該当。

配当(理論値):15,000円

※ダブルの場合:30,000円


ナンバーズ4の抽せん番号が「1234」の場合

当せん条件:同じ構成数字の並び違い24種(1234,1324等)のいずれかに該当。

配当(理論値):37,000円

※ダブルの場合:75,000円、ダブルダブルの場合:150,000円、トリプルの場合:225,000円

尚、ボックスで申し込んだ場合は、構成数字と数字の並びが一致しても、ボックスでの当せんになります。

セット

セットは、ストレートとボックスの2つのタイプをまとめたようなもので、構成数字と並びが一致したら、セットストレート、構成数字だけ一致したらセットボックスでの当せんになります。

ナンバーズ3の抽せん番号が「123」の場合

セットストレートの当せん条件:「123」をセットで申し込んだ場合のみ。

配当(理論値):52,500円・・ストレート配当とボックス配当の半額ずつの合計

※ダブルの場合:60,000円


ナンバーズ3の抽せん番号が「123」の場合

セットボックスの当せん条件:同じ構成数字の並び違い6種(123,132等)のいずれかに該当。

配当(理論値):7,500円・・ボックス配当の半額

※ダブルの場合:15,000円


ナンバーズ4の抽せん番号が「1234」の場合

セットストレートの当せん条件:「1234」をセットで申し込んだ場合のみ。

配当(理論値):468,700円・・ストレート配当とボックス配当の半額ずつの合計

※ダブルの場合:487,500円、ダブルダブルの場合:525,000円、トリプルの場合:562,500円


ナンバーズ4の抽せん番号が「1234」の場合

セットボックスの当せん条件:同じ構成数字の並び違い24種(1234,1324等)のいずれかに該当。

配当B(理論値):18,700円・・ボックス配当の半額

※ダブルの場合:37,500円、ダブルダブルの場合:75,000円、トリプルの場合:112,500円

ミニ

ミニは、ナンバーズ3の抽せん番号の下2桁を当てるタイプで、構成数字と並びの一致で当せんとなります。

ナンバーズ3の抽せん番号が「023~923」の場合

当せん条件:「*23」での申し込み。

配当(理論値):9,000円

ミニでは数字の並びの一致も当せん条件となっているため、同じ構成数字の並び違い(例:*32)は、外れとなります。


これらのタイプは、番号と対になっているため、同じ番号を異なる複数のタイプで申し込む時は、個別に申し込む必要があります。例えば、ナンバーズ3で「023」をストレートとボックスで申し込む場合は、「023+ストレート」と「023+ボックス」の2つを申し込みます。

申し込み用紙(マークシート)を使用する場合

A:番号欄「023」、タイプ欄「ストレート」

B:番号欄「023」、タイプ欄「ボックス」

ただ、いずれかで当たれば良いということなら、セットを選択する手もあります。